心理学の資格

    心理相談員の通信講座の比較。

    心理相談員の資格についていろいろ調べました。

    心理相談員の資格を取得できる通信制大学

    聖徳大学心理・福祉学部

    心理相談員とは

    厚生労働省では、労働者の心の健康増進向上のために「心と体の健康づくり運動(トータル・ヘルスプロモーション・プラン:THP)」を推進しています。

    その中の、心の健康の担いが「心理相談員」です。

    心理相談員の仕事内容

    心理相談員の仕事内容・業務内容

    トータル・ヘルス・プロモーション・プランにおいての心理相談員の役割は以下のようになっています。

    メンタルヘルスケアの実施 ストレスに対する気づきの援助 リラクセーションの指導 良好な職場環境の雰囲気づくり(相談しやすい環境等)

    心理相談員になるには

    大学の心理学科を卒業した人、あるいは看護婦・保健婦の資格がある人など、(下記の対象者参照)3日間の 「心理相談専門研修」を受ければ資格を取得できます。

    心理相談員の数は現在12000人です。

    心理相談専門研修:受講対象者

    心理相談専門研修の受講対象者

    大学(原則として4年制)において、心理系(認定心理士取得可能レベル)、社会福祉系、保健系(医学・歯学・獣医学を含む)の正規の学科を修めて卒業した者 運動指導専門研修またはヘルスケア・トレーナー養成研修を修了した者
    保健師の資格を有する者 看護師の資格を有する者で、健康に関する面接または相談の経験を1年以上有する者 助産師の資格を有する者で、健康に関する面接または相談の経験を1年以上有する者 労働衛生コンサルタントの資格を有する者で、健康に関する面接または相談の経験を2年以上有する者 衛生管理者の資格を有する者で、健康に関する面接または相談の経験を3年以上有する者 その他、1~7までと同等の資格を有していると認められる者

    おすすめ通信制大学

    聖徳大学

    病院関係や家庭裁判所、児童相談所などさまざまな分野出身の教員の実践的な授業をうけることができます。

    スクーリングでは演習を取り入れた科目が豊富です。

    心のケアに必要なスキルを身につけたい方におすすめ。

    ⇒聖徳大学のメリット・デメリット・学費について

    口コミ・評判

    口コミ評判

    専門学校を卒業して看護師として働いています。大卒になりたくて通信制大学に入学しました。日々患者さんのメンタル面がとても気になっていたこともあり、心理学の資格と相談員の資格を取得めざしています。メンタルヘルスの考え方や実際の事例などとても興味深かったですし、自分にもできることがあるのだと気づかされました。
    教えて!gooより

    心理相談員としての研修は広く行われています。専門家として積極的に関与して行くことは非常に難しいと言えますが、ある程度の知識を身に付けておくことは自分自身は勿論、職場などにおいて他の人のために役立つこともあると感じました。
    受講をするために一定の条件を課すケースもありますが、誰でも受講することが出来るように取り計らっているケースもあります。心理相談員は専門家ではありませんので対応には限界がありますが、それでも必要な時に専門家へと橋渡しをすることが出来る様になれるのが魅力であると感じました。
    発言小町より

    心理相談員の資格が取得できて本当によかったです。 なぜなら、将来的に、メンタルケアは、 色々な面で、すごく大事なケアとなるので、 需要が増えると見込まれているからです。
    今後、企業や教育の現場など、さまざまなところで、 心理相談員の資格を持つ人が活躍をする場が増えていくはずです。 また、サラリーマンではないので、
    年齢に関係なく、ずっと働くことも可能なので、 一生ものの資格と言えます。 今後は、この資格を役立て、やりがいを持って働けるはずです。
    YAHOO知恵袋より

    心理相談員の資格は、取得するまでにいくつもの研修を受けなければなりません。 そして、その研修では仕事に直結する知識を身に着けることができます。 そのため、心理相談員の資格を取得する際の研修は今の職場に対するメンタルヘルスの問題の解決をはかるためにとても役立っています。 労働者のストレスは職場に対するものだけではなく、家庭などの複雑な要素がからんでいることもあります。 そのような時に研修で学んだ知識を思い出しながら心理相談をしています。
    教えて!gooより

    ⇒聖徳大学のメリット・デメリット・学費について