心理学の資格

    支援教育専門士(特別支援教育に関する専門家)の通信講座

    支援教育専門士になるには?通信講座

    支援教育専門士の資格についていろいろ調べました。

    支援教育専門士の通信制大学

    星槎大学

    支援教育専門士とは

    支援教育専門士とは、障害を持つ幼児・児童・生徒の自立や社会参加を支援する特別支援教育に関する専門家です。

    プログラムでは、特別支援教育の基本から、発達障害に関する医学的見解、アセスメントや支援の方法まで体系的に習得できます。

    星槎大学が認定する民間資格 です。

    支援教育専門士になるには

    星槎大学通信教育課程共生科学部にて、所定のプログラムを履修すれば、資格認定の申請をすることができます。

    プログラムは、実践経験の有無や長さに応じて、スタンダード、アドバンスト、トレーナーの3レベルに区分され、それぞれに資格認定されます。

    おすすめ通信制大学

    星槎大学

    「共生」をコンセプトに「教育」「福祉」「環境」「国際関係」の分野を横断的にまなびます。

    年度内はいつでも何度でもレポート提出可能、スクーリングは土日を中心に科目に応じて全国の会場で実施。

    1科目から履修可能、在籍年限なし、履修単位分のみの学費などの仕組みにより自分のペースで学び続られます。

    また、通信制大学には珍しい担任教員制なので、丁寧な指導をうけられますよ。

    ⇒星槎大学のメリット・デメリットはこちら!

    口コミ・評判

    口コミ評判

    障害を持つ子供の特別学級で児童を教育する立場になりました。 自信が欲しくてなにか勉強する機会はないだどうかと思い探したところ、支援教育専門士の資格を見つけました。 民間の資格ながら自分自身のスキルを上げるのにピッタリだと思い、資格をとることにしました。 実践に役立つ内容が多く身に付き、今の自分の自信につながりました。 専門的な知識を身につけることができてよかったです。子供たちに接する際も、自分自身の焦りがなくいなったため、笑顔で接することができ、いい関係を築くことができています。
    発言小町より

    子供に知的障害があることがわかり、かなり悩みました。自分も何か知識を身に付けて力になって成長の手助けができたらと思っていたら、支援教育専門士の資格があることを知りました。
    私のような障害を抱えている子を持つ保護者でもとることができる資格だと知り、すぐに資料を取り寄せて大学に入学しました。 勉強してみると、全く未知の専門的な知識を吸収することの面白さにすっかりはまりました。
    これまではわが子を見て悲観することが多かったのですが、いい意味で客観的にわが子を見守ることができるようになりました。資格を取ってよかったです。いずれはこの資格を活かしてボランティアをしたいと思っています。
    YAHOO知恵袋より

    小学校の先生を目指しているのですが、ボランティア活動で障害を持つ子供たちと触れ合ったのをきっかけに、障害を持った子供たちへの教育に興味を持つようになりました。
    支援教育専門士をゼミの先生に教えてもらい、いつか勉強してみたいと思っていました。就職して3年後、仕事は忙しかったのですが、精神的に少し余裕がもてるようになったので、通信大学に思い切って入学しました。全く未知の世界の分野でしたが、とてもためになりました。自分の未来の選択肢が広がるきっかけになった資格だったので、勉強して本当によかったです。大学の勉強も楽しかったです。
    発言小町より

    職場で、障害を持っている方の手助けとして活かしています。支援教育専門士という資格を取得したからこそできることです。資格を取得するためにたくさんの障害者と接したり、どのようにしたらいいのかを見たり聞いたりして理解しながら勉強をして取得が出来たのが支援教育専門士です。これは障害者を相手に大変喜ばれているし、役に立つお仕事をさせてもらい、喜ぶ笑顔や達成を見るとすごく自分にも元気やパワーをもらうことができ生きがいを感じます。
    YAHOO知恵袋より

    ⇒星槎大学のメリット・デメリットはこちら!